忍者ブログ

Excel.sys

Excelでどこまでできるか! ExcelとStiLLでビジネス・デザイン自由自在!!

   
カテゴリー「日常奮闘記」の記事一覧

ISERRORの意外で便利な使い方

日頃シート上で計算しているとエラーが発生して見苦しい時がありませんか?
単純にエラー表示を隠す便利な方法があります。

◆こんな時
エラー表示を穏便に対処するため、IF関数やIFERROR関数等の
入れ子にしているが個々の式に記述するのが面倒!
もっと簡単に設定できないの?

◆解決ポイント
条件付き書式にISERROR関数を使用します。

◆使用方法
下図の様にセルA1の値を参照する式がセルB1に入力されています。(↑印)
この例では、セルA1の値がSheet2のA列にないので、
図のセルB1にエラー(#N/A)が表示されています。


ここでB1の式を次のようにIFERRORの入れ子にする場合が多いと思います。
セルB1 = IFERROR(VLOOKUP(A1,Sheet2!A:B,2,FALSE),"")

もちろんこれでもいいのですが、シンプルに式はそのままとして、
下図の様に条件付き書式だけで設定する方法があります。

「ホーム」-「条件付き書式」-新しいルールをクリック、
・ルールの「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択
・=ISERROR($B1) を入力 ←対象とするセルを指定(列のみ絶対参照)
 

「書式」ボタンからフォントタブを選び、色に白を指定します。


「OK」ボタンで終了し下図が表示されたら「適用」「OK」ボタンで完了です。


この設定でセルB1はエラー時のフォントが白くなり見苦しさが解消されます。

セルB2以降にも同じ式が入力されている時は上図の「適用先」範囲を対象とする
行数分に変更して「適用」ボタンをクリックすれば簡単に変更した範囲すべての
セルに適用されます。
・範囲先の指定例:=$B1:$B30(B列の1行目から30行目に適用させる場合)

この方法は式がシンプルに記述できるだけではなく、入力されている元の式に
触れずに対処できるので既存の式を壊すリスクも減りとても便利ですね。

◆「StiLL」のコマンドボタンについて
「StiLL」はExcelを便利にアップグレードするアドインツールです。

上の例の場合では、条件付き書式が設定されたセルB1を同様のセル範囲に
データ量に応じて動的に設定することが1つのボタンで実装できます!

StiLL はすぐ使える。(いいね!)

ー 仕事に趣味に ー
StiLL はEXCELのベストパートナー

体験セミナー実施中!(無料)

それではまた来週。
PR

文字数に合わせてオブジェクトの大きさを自動調整する方法

テキスト入力を行うオブジェクトで、文章量を増やした時に
オブジェクトの大きさによっては文字が切れてしまう事があります。

例えば、下図のように氏名の下に電話番号とFAX番号を追加した場合、
文字を追加後、オブジェクトの大きさは変わりませんので、
電話番号とFAX番号は見切れています。



実際は下図のように、氏名の下に電話番号とFAX番号が追加されています。
 


手動でオブジェクトの大きさを変えれば解決しますが、
手間がかかりますので、今回は自動でオブジェクトの大きさを調整する方法を
ご紹介します。

◆こんな時
オブジェクトの大きさを意識することなく、文字を入力したい。

◆解決ポイント
「図形の書式設定」を設定する。

◆使用方法
1.オブジェクトを右クリックし、「図形の書式設定」をクリックします。

 


2.「図形のオプション」-「サイズとプロパティ」-「テキストボックス」
   を選択します。



3.「テキストに合わせて図形のサイズを調整する」にチェックを入れます。




上記を設定後、電話番号とFAX番号を入力すると、
入力と同時にオブジェクトが文章量に合わせて広がります。



◆「StiLL」について
「StiLL」には便利機能がたくさんあります。
通常のプログラミング言語のような構文や文法を使用することなく、
処理を自動化する設定が可能です。

無料で体験セミナーを開催しています。
一度参加してみてください。
https://www.still.co.jp/event/semina.html

Twitterやっています。
ぜひ見に来てください!
https://twitter.com/iliy_still

それではまた次回!

結合セルを含むコピーの不思議

セルをコピーするとき全く同じ結合セルを含む範囲に
「値」を直接コピーできないことをご存知ですか?

◆こんな時
まったく同じ結合セルの範囲に値をコピーしたい!

◆解決ポイント
2段階の操作でコピーします。

◆使用方法
コピー元の範囲(A)を選択後、同じ結合セルの領域(B)に値を
貼り付けようとするとエラーが表示されコピー出来ません。

例)A、Bともに同じ位置に結合セルが存在する範囲にコピーを行う場合


右クリックのメニューから「値」を貼り付けようとすると、
次のようなエラーとなります。


つまり直接「値」ではコピーできません。
全く同じ結合セルの範囲なのに不思議ですね。

そこで次の手順で操作します。
(操作1)
先ず右クリックのメニューから「関数」を選択してコピーを行います
この時セル内に「式」が設定されている場合は「式」がコピーされます。

(操作2)
次に「式」を「値」に置き換えるためコピー先の範囲を新たに選択して、
同じ範囲上で右クリックのメニューから「値」で貼り付けます。

このように操作を2回行うことで「値」としてコピーできますが、
一度でできないのは何とも不便です。
※因みに「貼り付け(すべて)」を選択しても「式」でコピーされます

◆「StiLL」のコマンドボタンについて
「StiLL」はExcelを便利にアップグレードするアドインツールです。

上の例の場合でも「StiLL」ではたった1つのボタンで解決できます!
ワンクリックで結合セルを含んだコピー先に「値」をコピーできます。

StiLL はすぐ使える。(いいね!)

ー 仕事に趣味に ー
StiLL はEXCELのベストパートナー

体験セミナー実施中!(無料)

それではまた来週。

コメントに画像や写真を表示させる方法

商品などを文字で説明するだけでなく、
画像・写真を表示して説明したい時があると思いますが、
画像・写真を貼るスペースがない場合、
これからご紹介する方法で回避することができます。

◆こんな時
画像・写真を貼るスペースがなくても、見せたい。

◆解決ポイント
「コメントの書式設定」から設定する。

◆使用方法
下図を例に説明していきます。




1.コメントを挿入する
任意のセル(例ではC4セル)で右クリックし、「コメントの挿入」を選択します。




2.「コメントの書式設定」を選択する

2-1 コメント内の文字を消します。
    文字を消さないと、画像を表示した時に一緒に表示されます。




2-2 コメントの枠線上で右クリックをし、「コメントの書式設定」を選択後、
        「色と線」タブをクリックします。




 

注意:コメントの枠線上ではなく、
   コメントの枠内で右クリックして「コメントの書式設定」を選択すると、
  「色と線」タブが表示されませんのでご注意ください。
   (フォントタブのみが表示されます)


3.「塗りつぶし効果」を選択する
「塗りつぶし」の「色」のプルダウンをクリックし、
「塗りつぶし効果」をクリックします。




4.「塗りつぶし効果」から貼り付けたい画像・写真を選択する

4-1 「図」タブを選択し、「図の選択」から、
   貼り付けたい画像・写真のファイルを選択します。




4-2 ファイルを選択し、「挿入」をクリックします。
   (例では、パソコン.png を選択しています。)




4-3 イメージを確認し、正しければ「OK」をクリックします。




4-4 「コメントの書式設定」画面に戻るので、「OK」をクリックします。




4-5 コメントに画像が表示されました。




上記の手順で他の商品名にも設定すると、
カーソルを合わせた商品名に合わせて、コメントに画像が表示されます。
(下図は商品名「プリンター」にカーソルを合わせた時の画像です)




◆「StiLL」について
「StiLL」には便利機能がたくさんあります。
通常のプログラミング言語のような構文や文法を使用することなく、
処理を自動化する設定が可能です。

無料で体験セミナーを開催しています。
一度参加してみてください。
https://www.still.co.jp/event/semina.html

Twitterやっています。
ぜひ見に来てください!
https://twitter.com/iliy_still

それではまた次回

検索値の左側の値を取得する方法2(OFFSET)

先週はセル範囲を特定し値を求める関数としてINDEX関数を使うケースを
ご紹介しました。
今回はINDEX関数の代わりにOFFSET関数を使う方法をご紹介します。

◆こんな時
検索値から左側にある値を取得したい!

◆解決ポイント
OFFSET、MATCH関数を組み合わせて使用します

◆使用方法
OFFSET関数は基準となるセル位置を最初に指定してから行、列の変位を
指定することで基準セルとの相対範囲を決定できる関数です。

使い慣れてくるとINDEX関数より柔軟に利用できるので便利です。

例:セルA1を基準としてA1から2行下のA3の値は次の式で求められます。
=OFFSET(A1,2,0) ・・・ 簡単でしょ。

それでは先週と同じ表を使ってF列の順位がC列と一致する行の名前を取得する式を下記に記述します。
 

まず値を取得する行を求める式をMATCH関数で記述します。
これは先週と同じです。

行:=MATCH(F2,$C$2:$C$5,0)= 1
この式でF2の順位(1位)が C2:C5 の範囲の1行目であることが求められます。

次に今回求めたい値は名前ですのでA列(セルA1)を基準とします。
上の式を組込み1位の名前をOFFSET関数で求める式は次のようになります。

セルG2(名前):=OFFSET($A$1,MATCH(F2,$C$2:$C$5,0),0)
この式をセルG5までドラッグするだけで式の設定は完成です。

・引数はINDEX関数と同じ3つですが設定する内容はシンプルですね。

◆「StiLL」のコマンドボタンについて
「StiLL」はExcelを便利にアップグレードするアドインツールです。

上の式の結果を値に置き換えることも超やさしく実装できます。

StiLL はすぐ使える。(いいね!)

ー 仕事に趣味に ー
StiLL はEXCELのベストパートナー

体験セミナー実施中!(無料)

それではまた来週。

お知らせ

「StiLL体験セミナー」
(東京 恵比寿)
!!NEW!!
 Autoジョブ名人&StiLL体験セミナー

日付:2019年10月30日(水)
時間:13:30~17:00
場所:アイエルアイ総合研究所
   
参加費:無料(定員8名)
詳細・お申込:こちらから

ブログ内検索

Copyright ©  -- Excel.sys --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]