忍者ブログ

Excel.sys

Excelでどこまでできるか! ExcelとStiLLでビジネス・デザイン自由自在!!

   

データの境目で改ページを入れる方法

今回は、データの境目でページを入れる方法についてご紹介します。
改ページプレビュー画面で、手動でページを入れることもできますが、
改ページの箇所を間違える可能性もあります。

今回ご紹介する方法を使えば、間違えを軽減できます。

◆こんな時
データの境目で改ページを入れたい。

◆解決ポイント
作業列に計算を入れ、フィルタ機能を使う。

◆使用方法
下図を使って、説明します。



1.印刷範囲外の列(例ではC列)に、
  データの境目とする列を対象(例ではA列)として、
 「=セル=前セル」の数式を入力し、
  C2セルに入力した数式を下の行にコピーします。
 
「=A2=A1」という数式は、A2セルとA1セルを比較して
同じならTRUE、違えばFALSEとなる数式です。


2.フィルタで「FALSE」のみ表示します。
 


3.2番目の「FALSE」を選択し、「アプリケーションキー」 を押した後、
  「B」を押します。
※「アプリケーションキー」はキーボードの右下にあります。
 

4.改ページが挿入されました。
 

5.キーボードの「↓」またはマウス操作で1つ下のセルに移動し、
  「3」と同じ操作をします。
 

6.「5」の操作を最後の行まで繰り返します。
 

7.フィルタを解除します。
  「売上日」ごとに改ページが挿入されました。



◆「StiLL」について
「StiLL」には便利機能がたくさんあります。
通常のプログラミング言語のような構文や文法を使用することなく、
処理を自動化する設定が可能です。

一度参加してみてください。
https://www.still.co.jp/event/semina.html

Twitterやっています。
ぜひ見に来てください!
https://twitter.com/iliy_still

それではまた来週
PR

; と :

日頃Excelを使っていると必ずといってよいほど日付
それも今日の日付に遭遇します。
ほぼ必須の状態です。

◆こんな時
毎日のことなので簡単に日付を入力したい!

◆解決ポイント
ショートカットを知っておくと便利です。

◆使用方法
日付を入力したいセル位置で Ctrl +;と押下すると
今日の日付がセットされます。
「;」は「 + 」の下にあります。

ご参考:
因みに Ctrl +:と押下すると時刻がセットされます。
定型書式では関数(TODAY、NOW)を設定しておけば日々の入力は不要です。

◆「StiLL」のコマンドボタンについて
「StiLL」はExcel関数と組み合わせて使用することができます。
上記のような日付や期間の設定もすばやく自動化できます。

マクロ・VBAを使わない便利な機能がたくさん用意されています。

あなたの手作業をやさしくRPA(自動化)できます。

無料「体験セミナー」開催中です。
左の囲みから申し込みできます。

それではまた来週。

空欄に一度に0(ゼロ)を入力する方法

今回は、空欄に一度に0(ゼロ)を入力する方法についてご紹介します。

◆こんな時
表内の空欄に一度に0(ゼロ)を入力したい。

◆解決ポイント
[形式を選択して貼り付け]を設定し、貼り付ける。

◆使用方法
下図を使って、表内の空欄の箇所はすべて0(ゼロ)を入力します。




1.任意の空欄のセルに0(ゼロ)を入力して、それをコピーします。
  (例ではE5セル)




2.表内の入力した範囲を選択します。
  (例ではC5からH10セル)




3.この状態で、右クリックから「形式を選択して貼り付け」を選択します。





4.「値」と「加算」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。




表内の選択した箇所全ての空欄に、0(ゼロ)が入力されました。




◆「StiLL」について
「StiLL」には便利機能がたくさんあります。
通常のプログラミング言語のような構文や文法を使用することなく、
処理を自動化する設定が可能です。

興味が沸きましたら、定期的に「体験セミナー」(無料)を開催しているので
一度参加してみてください。Twitterやっています。
ぜひ見に来てください!
https://twitter.com/iliy_still

それではまた来週

分数で計算

最近、分数の計算が多くていちいち小数に直して入力している・・・

◆こんな時
分数をそのままセルに入力して計算させたい!

◆解決ポイント
セルに分数を入力する方法があります。
知っておくと便利です。

◆使用方法
例えば、1000 の 1/5 の計算を行うときは単純に

セルA1: =1000/5 と入力できます。

また 1000 の 3/4 を計算する式は

セルA1: =1000*3/4 と入力することができます。

でも元の数値が別のセルに入力されている場合はこんな感じになります。

セルA1:1000
セルA2:3/4
セルA3:セルA1*セルA2

え? セルA2が日付になってしまった?
EXCELは日付形式のものは日付にしてしまいますので
この例では3月4日に変換されます。

ここで分数の正しい入力方法を示します。

セルA2 に 0 3/4 と入力します。
つまり帯分数の形式で入力することで分数として認識されます。

因みにリボン-「ホーム」の表示形式にも「分数」と表示されます。

またセル内にも 3/4 と表示されます。
なお数式バーには 0.75 と表示されます。

これを覚えておくと小数に直さずとも簡単に入力できて重宝します。

◆「StiLL」のコマンドボタンについて
「StiLL」はExcel関数と組み合わせて使用することができます。
マクロ・VBAを使わない便利な機能がたくさん用意されています。

あなたの手作業をやさしくRPA(自動化)できます。

今日も「StiLL」に触れた方から、
「こんな便利なツールをいままで知らなかったとは!
 これまでの苦労はなんだったのか!?」と称賛の声をいただきました。

次はあなたの番です。

それではまた来週。

デスクトップ版とストアアプリ版の違いについて

今回は、Officeのデスクトップ版とストアアプリ版の違いについて
ご紹介します。

◆こんな時
デスクトップ版とストアアプリ版とで、どちらをインストールすればいいか
迷っている。

◆解決ポイント
使用用途でどちらを選ぶべきか考える。

◆2つの大きな違いについて

◎デスクトップ版
発売時期:今までのWindows で動作していた従来のもの。
特徴:PC操作に適したアプリケーション
安全性:低い。メール添付や不信なインターネットからダウンロードして実行することが可能なため危険。

◎ストアアプリ版
発売時期:Windows 8から登場
特徴:スマホ、タブレットなどのタッチパネルに適したアプリケーション
安全性:高い。不正な場所から入手できない。(マイクロソフトストアからのみ入手可能)

◆「StiLL」について
「StiLL」はデスクトップ版のみ対応しています。

「StiLL」には便利機能がたくさんあります。
通常のプログラミング言語のような構文や文法を使用することなく、
処理を自動化する設定が可能です。

興味が沸きましたら、定期的に「体験セミナー」(無料)を開催しているので
一度参加してみてください。
https://www.still.co.jp/event/semina.html

Twitterやっています。
ぜひ見に来てください!
https://twitter.com/iliy_still

それではまた来週

お知らせ

「StiLL体験セミナー」
(東京 恵比寿)
!!NEW!!
 Autoジョブ名人&StiLL体験セミナー

日付:2019年10月30日(水)
時間:13:30~17:00
場所:アイエルアイ総合研究所
   
参加費:無料(定員8名)
詳細・お申込:こちらから

ブログ内検索

Copyright ©  -- Excel.sys --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]